大規模修繕工事を神奈川で実行しました

何をしたいのか明確にすること

業者に相談してみました : 業者と相談するときは具体的な要望を提案 : 何をしたいのか明確にすること : 入居者から喜びの声をいただくようになりました

何をしたいのか明確にすることで、業者側から可能かどうかアドバイスをしてもらいました。
もちろん費用を際限なく用意できるなら妥協は不要でしょうが、実際はそうはいきません。
限られた予算内で最大限の効果を発揮するためには、何をすればよいのか聞いてみる必要があります。
業者によるとマンションの大規模修繕工事の頻度は、10〜15年ごとが適切とのことでした。
修繕する頻度を少なくすれば維持費が安くなるように感じますが、建物が傷んでしまうスピードが早くなると言われました。
そうしたデメリットを考慮すると、やはり適切な時期に修繕工事をするのがベストとのことです。
早速神奈川の業者に大規模修繕工事を依頼することにしたわけです。
塗装全般のほかに居住空間の快適性を高めるための工事もしてもらいました。